介護、育児情報

子どもが一人っ子である家庭が増えているからか、幼児教育はますます盛んになってきています。最近は幼稚園や保育所での教育という本来のとらえ方ではなく、例えば英語やピアノ、バイオリンなど、おけいこにおける才能開発を「幼児教育」としてとらえている家庭が多いようです。

このように幼児教育が注目されている背景には、研究により「脳の発達」についてさまざまなことが分かってきたからだと言われています。生まれたての赤ちゃんはシナプス(脳の伝達細胞)がほとんどなく、環境によって脳が刺激されシナプスが増えていくことが分かりました。

こうしたことから、早期からの幼児教育に取り組む家庭が増えているといいます。胎教による外的刺激を赤ちゃんの脳に与え、少しでもシナプスを発達させようという考えがあるからでしょうか。

しかし注意しなければならないことは、「幼児教育=勉強」ではないということです。早期教育が幼児教育ではないということを認識しておく必要があります。ここを明確にしておかないと、知識を一方的に与えるだけになってしまい、決して子どもたちの記憶には残りません。あくまでも楽しみながら学ばせるのがポイントです。


Warning: file(http://next-level.biz/sys/link/72): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sites/heteml/users/t/a/i/taibou/web/photoshopuser/link07.html on line 46

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sites/heteml/users/t/a/i/taibou/web/photoshopuser/link07.html on line 48